受付時間:平日9:00-17:00

電話番号
03-3541-1033
FAX
03-3541-0373

お問い合わせ

お知らせNEWS

ニュース2018.03.27

超高輝度蓄光式避難誘導標識が岩手県陸前高田市に採用されました。

東日本大震災による津波で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市では、震災復興計画を策定し、防災のまちづくりに向けた取り組みが進められてきました。

このことを教訓に、日本各地の沿岸部では地震によって襲来する津波が到達する前に高台へ即座に避難することの重要性が認識されています。
内閣府は、南海トラフ地震が深夜に発生し津波が到来した場合は、昼間の3倍以上の被害出ると予測しています。
これは、多くの人々が就寝中で初期行動が遅れることと、夜間の屋外では咄嗟に避難経路を認識することができないためだと考えられています。
更に、停電になった場合は、さらに深刻な事態となると思われます。

同市では、巨大地震による津波は日中・夜間を問わず必ず発生するとの考えから、避難がより困難になる日没後の対策を講じることが重要だとし、市内に電柱式避難誘導標識と支柱式避難誘導標識を設置しました。
地震発生から短時間で、各自が即座に避難できるようになれば、想定される被害を大幅に減らすことができます。
そのために、停電になった場合でも暗闇対策として非常に有効な超高輝度蓄光式避難誘導標識(焼付けタイプ)を採用しました。

この標識は、暗闇で12時間の視認が可能とされているJIS規格 Ⅱ類対応品で、文字や図柄は、誰にでも一目で分かるようにデザインされています。
弊社は、蓄光式避難誘導標識のソリューション・プロバイダーとして、標識の仕様やデザイン、基材や支柱などの設置方法をトータル的に提案しています。
是非、お気軽にご相談ください。