避難誘導向け蓄光製品

高輝度蓄光式避難誘導標識

近年、地方でも外国人観光客の増加が見込まれ、災害時の迅速な避難誘導は、各自治体の課題になりつつあります。蓄光式避難誘導標識は、昼夜を問わず、自然災害(ゲリラ豪雨や台風)が発生した時にどこに逃げればいいのかを1枚の標識で伝えることができ、観光客にとっての命綱とも言えます。JIS規格への対応を踏まえ、お客様のご要望をお聞きし、最適なご提案をいたします。

高輝度蓄光式避難誘導標識の活用シーン

電信柱への設置

電信柱への設置

電信柱に避難誘導標識を設置することは、日頃から津波や土砂崩れなどの自然災害に対する注意喚起や避難意識の向上につながります。土木工事の必要が無く、省スペースで設置できますので、コストパフォーマンスに優れます。

屋外看板形式での設置

屋外看板形式での設置

看板形式の避難誘導標識は、サイズにもよりますが多くの文字情報を記載することが可能です。また、全面をJIS規格Ⅱ類対応の蓄光にすることで、遠くからでも視認できるため、誘導経路や避難場所が一目瞭然です。

⾼輝度蓄光式避難誘導標識の製品タイプ

焼き付けタイプ

焼き付けタイプ

JIS規格 Ⅱ類対応品
緊急防災・減災事業債 対象製品
耐⽔性蓄光顔料を使⽤(特許第5967787号) 10年後も屋外Ⅱ類の明るさを保持

詳細を見る

シートタイプ

シートタイプ

JIS規格 Ⅰ類対応品
緊急防災・減災事業債 対象製品
南海トラフ地震・津波対策品

詳細を見る

シートタイプ

シルク印刷タイプ

JIS規格 Ⅱ類対応品
緊急防災・減災事業債 対象製品
南海トラフ地震・津波対策品

詳細を見る