蓄光式避難誘導製品の納入実績

愛媛県鬼北町

愛媛県鬼北町に高輝度蓄光式避難誘導標識シートタイプを設置しました。
同町は、日向灘地震を包含する南海トラフ巨大地震で予想される最大震度は6強となっていること、また、豊後水道を震源とする地震や活断層で起こる直下型地震の発生の可能性があることから、地域防災計画を進めていました。
住民の生命・身体の安全を確保するため、避難場所・避難所を整備するとともに、その周辺道路に案内標識・誘導標識等を設置し、速やかに避難できるよう整備を行ったものです。

避難誘導標識の仕様は、下記の通りです。
なお、弊社製品はJIS Z9097並びにJIS Z9098に記載されている性能試験に準じた屋外環境に適合しています。
・アルミ複合板
・高輝度蓄光シート(屋外Ⅰ類)
・高耐候UVインクジェット印刷
・高耐候ラミネートフィルム表面被覆
・端面の防水処理
サイズは、横1,000mm×縦700mm、図柄はJIS Z8210で定められている避難場所・避難所に加え、新たに制定された災害種別記号を採用しました。

南海トラフ巨大地震による被害が想定される各市町村におかれましては、防災・減災対策は喫緊の課題となっています。
しかしながら、山積する優先課題に加え、予算に限りがあり、対応が進んでいない実情かと思料いたします。
弊社は、屋外用の蓄光式避難誘導標識に関して、仕様書の作成をはじめ、標識作成に必要な基材や支柱等の準備までをワンストップにて提供しています。
どうぞお気軽にご相談ください。